京都府京田辺市で輸入車・国産車販売、車検、点検、トータルドレスアップをおこなう運輸局認定工場の株式会社エアフォルク

なぜ車検を受けなければいけないのか?その理由をご紹介!

車は一般的に2年に1回、車検を受ける必要があります。決められた期間までに車検を受けなければ、厳しい処罰が課せられるだけでなく、重大な事故に繋がる可能性もあります。こちらでは車検の目的をご紹介しますので、ぜひご覧になってください。

京田辺市で車検・修理・整備・メンテナンスを依頼する際には、エアフォルクをご利用ください。新車・中古車・輸入車・国産車と幅広い自動車整備を行っています。車検の検査項目に引っかからないためにも、事前に自動車整備を行うこともぜひご検討ください。

車検とは

車検とは

そもそも車検とは、「自動車継続検査」として法律で定められている検査です。法律で定められた基準に沿って、安全であるか?故障していないか?ということを検査する、いわば自動車の健康診断のようなものです。

車は走行環境や経年劣化によって部品が徐々に劣化していきます。車検によって各部品をチェックすることで、劣化等から発生する公害を防止することができるのです。

一般的には、車両を新車で購入した場合には3年後、それ以降は2年ごとに車検を受ける必要があります。車検を受ける場所は、運輸支局の検査場となりますが、整備工場やディーラーなどを利用すれば、車検のための点検整備や運輸支局への持ち込みなどを代行してもらえます。

車検を受けないとどうなるのか

車検を受けないとどうなるのか

車検を受けないとどうなるのか。車検を受けないと公道で車を走らせることができなくなります。万が一車検が切れた車を使用し公道を走った場合は無車検走行に該当するため、違反点数6点、30日間の免許停止、さらに6ヶ月以下の懲役または30万円以下の罰則という厳しい処分が待っています。

したがって、有効期限内に車検を受けることが大切です。もし、うっかり車検を切らしてしまった場合には、車検が受けられる工場やディーラーまで、レッカー車で運ぶか、自動車が自走可能であった場合には、仮ナンバーを取り付けて移動させる方法があります。

レッカー移動となると費用が高くなりますが、仮ナンバーを取る場合には、役所の窓口で申請後すぐに交付されますから、車検の当日か前日で十分です。ただし、仮ナンバーの使用後は5日以内に返納しないといけないことは覚えておきましょう。

エアフォルクでは、ベンツ / BMW / VW等の輸入車、トヨタ / ホンダ / マツダ / 日産 / スズキ等の国産車、新車・中古車と幅広い車種の車検に対応しています。点検・整備の費用については、以下のリンクよりご確認ください。

以上、車検の意味と車検が切れた場合の処罰をご紹介しました。京田辺市のエアフォルクでは、定期的な整備や車検に対応しています。お客様のニーズに合わせたプランをご用意していますので、愛車の状態に合わせた最適なご提案が可能です。京田辺市で車検・整備をお考えの方は、お気軽にご相談ください。

車検を受ける際に必要なものは?」のページでは、車検の費用や車検前の自動車整備項目についてもご紹介しています。車検をご予定の方は、事前にチェックしておくことがおすすめです。

京田辺市で整備・車検を受けるなら

株式会社エアフォルク ショールーム
所在地 〒610-0343
京都府京田辺市大住宇手尾2-2
TEL 0774-64-8033
FAX 0774-64-8088
営業時間 AM10:00 - PM19:00
定休日 毎週水曜日
株式会社エアフォルク サービス工場
所在地 〒610-0343
京都府京田辺市大住池ノ端40-1
TEL 0774-68-2021
FAX 0774-68-2022
営業時間 AM10:00 - PM19:00
定休日 毎週日曜日